tittle

タイトル2

リサイクルトナーの選び方

一般に販売されている純正トナーが使用後に回収してリサイクルされたものをリサイクルトナーと言います。回収されたトナーはカートリッジの重要な部分などを細かく分解、洗浄、修理利や部品交換などが行われて新品と同じ量のトナーを充填してリサイクルトナーとして販売されています。リサイクルトナーの選び方のポイントとするところは品質です。もともとは同じ会社で作成されたものですが、リサイクルトナーにする段階でその性能等は販売会社によって大きく違ってくることがあります。品質の選び方で一番わかりやすいのは印字したときの印字面です。品質がよければ純正とあまり差がなく、にじんだりと言うことがなく印字面がきれいです。店頭で選ぶ際にサンプルとして展示されているようであれば比較すると良いでしょう。また選び方のポイントとしてサポート面があります。購入後どのくらいの期間保障するのか、どこまでが補償対象なのかを確認して選ぶのも良い方法です。価格も大切ですが、皮質や保障に力を入れている会社のものを選ぶのが良いです。

リサイクルトナーの技術向上でトラブルも減ってきた

複合機においてコピーや印刷と多くの作業をおこなっています。
印刷枚数が多いほどトナーがなくなるスピードが早くなり、消耗品であるトナーをいかに安く入手できるかということが経費削減のポイントになっています。
そのためになんでもかんでもプリントアウトすることを避けてpdfファイルの形式でメールに添付して配布している例も散見されます。パソコンの画面で内容を確認することで印刷することを避けています。
それがトナー代の経費削減、ひいては紙代の経費削減にも及んでいます。
理想的な形ですが、どうしても印刷しなければならないような場合もあります。講演会等でのレジュメ用として参加者に配布するとき等はどうしても必要になりますし、その数の非常に多くなり、トナーも紙も多く使用します。
このようなケースもあり、最近ではトナーがなくなった場合に正規のトナーではなくリサイクルトナーを利用する企業も非常に多いです。使用済みのトナーを再利用して粉を補充したものを使用するために、正規に一から制作するよりも安い価格で入手することができます。
しかしその分、もともとの空いたトナー自体にトラブルを抱えていた場合にうまく印刷できず、文字がかすれたりとトラブルが発生することもあります。
しかし最近は空いたトナーの清掃の徹底やリサイクルの技術も向上して正規のものと変わらないようになっています。
そのため現在はリサイクルトナーを使用している企業が多く、購入時には交換で空のトナーを回収してリサイクルしています。

pickup

ウィークリーマンション 大阪
http://www.00monthly.com/
広島市 収益物件
http://www.all-house.jp/
副業 ノウハウ
http://www.tenbai-tosyokan.jp/
天然石のひと粒売り
http://www.suisyodo.com/

最終更新日:2016/11/18